金曜に冷凍餌の通販購入ついでにカキ殻も注文してみました。で、昨日届いたので早速水槽に入れてみました。というのも、pH低下予防策として買ってみたのですが、以前、一度カキ殻を入れた事がありましたが、即効性は期待できませんでした。勿論その事については承知しておりましたが、商品検索していましたら、即効性を謳うカキ殻を見つけたので試しに入れた見る事にしました。カキ殻の溶け具合いを比べてみる為に、一緒に以前入れた事のあるカキ殻も一緒に注文してみました。

そもそも、この度発症している白点や充血は寄生虫症なのか感染症なのか、それとも寄生虫症と感染症の合併症なのか。毎日換水しても治癒しない事と白点の形状が、俗に言う白点虫の形状とは異なり何時になっても治癒しない事から、私は感染症を疑っています。しかも、感染症なら白点虫などの寄生虫症とは治療方法が異なり、寄生虫治療薬などいくら使っても治癒する事はありません。問題の白点が何なのかは検鏡してみたり、体表から白点が水槽の底に落ちるかなどある程度の考察(診察)はできます。

感染症の発症原因となると考えているpH低下をまず改善する事を考えています。pH低下で免疫力も低下するであろうと言う事で栄養面ではアサリを与え体表粘膜の分泌増加と水質は弱アルカリ性の維持と飼育水中のミネラル維持。弱アルカリ性維持だけの目的であれば、カルシウムリアクターのメディアを入れてみた方が即効性は期待できると思われます。なにより大事なのは総合バランス。閉鎖された水中ですので何かが減って何かが増加してしまうと、水質面だけを考えても自然界とは全く別世界となってしまいます。ですから、カキ殻を初めに入れてみる事にしました。これでも改善できなければカルシウムリアクターのメディアを入れてみようと思っております。最初からカルシウムリアクターのメディアを入れてみらたというご意見もあるかも知れませんが、カルシウムだけを増やしても、毎日換水をしている事で、微量元素などの添加剤は全く入れておりませんので、カルシウムだけを増やすという意味では私の考えることろの総合バランスが不釣り合いになってしまうからです。

DSC_1952.jpg

DSC_1959.jpg

コンゴウフグにも鰭に白点が現れました。白点の形状は球体。白点虫なら成虫になると楕円形になります。しかし、白点虫以外の寄生虫かもしれませんが?。

DSC_1967.jpg

マルケサスバタフライにもまだ鰭など白濁や白点の塊が残っています。



DSC_1948_201701291349137a3.jpg

今回は販売元別に二種類購入してみました。左が特殊加工で表面のエナメル質を取り除き溶けやすくしたという商品。右は以前使った事のある商品。いずれも、主に淡水用として扱われるもののようです。どちらか、海水可と説明書きにあったような?。



DSC_1968.jpg

自然現象として酸化するとアルカリ成分が溶け出すという緩衝作用が起こります。巻貝の殻も水槽に入れて置きますと、溶け出してゆきます。ただ、あくまでも溶け出すのは微量で年単位での話しです。あと、何年経っても溶けない貝殻があるようです。数百数千年前の地層から貝殻が出てくるくらいですから、溶けない溶けるは貝の食性の違いによる貝殻の成分の違いかと思われます。因みにアサリの殻は何年経っても溶けないようです。

で、説明書きを読んで早速入れてみました。

説明書きには水道水で軽く濯いで下さいと書いてありましたが、結構入念に洗わないと粉砕時の微塵になった粉末殻が沢山でてきます。容器に入れて濯いでみましたが、一見、白濁しない状態となり、これくらいで良いと思って水槽に入れてみると、なんとまぁ、水槽は白濁して真っ白になってしまいました。30分くらいで透明に戻りましたが、入れる時には気を付けた方が良さそうです。

DSC_1963.jpg

90センチ規格水槽にはエナメル質除去のカキ殻を二袋と未処理?のカキ殻を二袋。入れてみて分かったのが網袋が大きくて、カキ殻が袋に偏って余分に袋内が余ってしまい邪魔なので、取り出して袋を二つ折りにして結束バンドで縛り水槽へ入れました。

DSC_1964.jpg


90センチスリム水槽へもエナメル質除去済みのカキ殻を一袋入れてみました。

DSC_1961.jpg

入れて直ぐに効果があるとは思いませんが、入れてから数時間後には何時になく魚達が自ら餌を探し出すよになりました。

この先、効果が期待できるようであれば、底砂を珊瑚礫の代わりに全てカキ殻に変えてみても良いのではと考えて居たりします。珊瑚礫にもアルカリ性に上昇させる緩衝作用が起こるのですが、10年経ってもそれ程小さくならないので、どちらかと言えばカキ殻の方が水質面維持としては理にかなっているかも知れません。見た目は珊瑚礫の方が良いのでしょうけど。

今朝、水槽を覗いて見ましたら、いつもより透明度も増したような気もします。が……、気のせいかな?。

暫く様子を見てみる事に致します。




スポンサーサイト
 2017_01_29


今日はとびっきりの晴天で、絶好のウインタースポーツ日和となっております。しかし、いくら晴天でも魚を見ていた方が楽しい箱福でございます。

さて、先日、90センチ規格水槽の魚達にアサリを毎日与える事にしたまでは良かったのですが、アサリを与えた直後のプロテインスキマーの泡立ちが半端ではありません。一度にアサリ10個は流石に多い。三日でカップから溢れるくらい飼育水が溜まってしまいます。汚れだけを濾し取るというより、水分の方が多く余計に飼育水がカップに溜まってしまいます。ですから、アサリの給餌は週一にしようかと検討中でございます。

DSC_1908.jpg

DSC_1904.jpg

上の二枚の画像は90センチ規格水槽に設置しており、片方はエアレーションも吸い込んでいるので泡立ちも多く余計に飼育水が溜まってしまいます。

DSC_1909.jpg
こちらは90スリム水槽の設置しているものですが、毎日アサリ3個でも三日でカップにこれだけ溜まってしまいます。

90センチ規格水槽には10個のアサリを与えているせいで、二台設置しているプロテインスキマーも数日でカップが満タンになってしまい、カップに溜まった飼育水の臭いも強烈です。

DSC_1946.jpg

アサリの殻も日に日に蓄積して行くので回収したいのですが、やたらに水槽内に手を入れたくないし、入れて置くと濾材にもなるかなんて安易な考えで放置しております。そこそこ溜まったら長手袋して回収しようと思っております。


さてさて、アサリを与えてから魚達の体調も良くなってきております。

元々ヤッコだけは目に見える白点も発症せず元気なのですが、アサリを与えてからより一層元気になっております。で、度々話題にしますが、魚の健康状態を知る目安としまして目の動きの機敏さや瞳孔の形状を観察しています。

DSC_1915.jpg

DSC_1919.jpg

DSC_1920.jpg

DSC_1927.jpg

DSC_1928.jpg

DSC_1930.jpg

DSC_1940.jpg

DSC_1941.jpg

DSC_1924.jpg

目の瞳孔の形状はスズキ目なら、輪郭が鶏の卵を横にしたような形状。前方を睨むような厳つい目や視線をしているか、毎日観察しておりますし、そのような形状をしている事が元気(健康)である証しでもあります。

体表には白点や白濁がまだ残っている魚達も居ますが、治癒に向けて気を抜かずに見守ってゆきたいと思っております。また、今後は寄生虫症や感染症にも負けない体力づくりをする為に、内面と外面からの健康維持を考えてゆきたいと思案しております。




 2017_01_29


マルケサスバタフライを死なせてしまって、死因を色々と考えていました。毎年この時期なりますと、鰭が白濁します。確か、去年も書いたと思いましたが、冬になると必ず発症する感染症があるようです。おそらく、「α型溶血性レンサ球菌症」。症状としては白点虫やウーディニウムと酷似していて初期症状としては、痒がって岩などに口先を擦り付けます。次第に鰭の白濁と眼球角膜の白濁。日に日に体表に細かい白点が現れます。そして体表や鰭の関節部位の充血。更に魚は水流の強い濾過槽の吹出し口付近で泳ぐようになります。ここまで書くとウーディニウムと言う方々が多いと思います。しかし、一般に言われているウーディニウムは「黄な粉をまぶしたような」というように白点ではなく「黄白点(黄点)」です。しかし、魚に現れているのは「細かい白点」です。

DSC_1764.jpg

どうしてこの時期になると現れるのでしょうか。換水時には90規格水槽と90スリム水槽は同じ換水道具を使っています。しかし、スリム水槽には細かい白点はでません。寄生虫の類であれば同じ道具で同じ時間帯に続けて換水しておりますと、両方の水槽に同じ症状が現れてもおかしくありません。症状が出ているのは片側の水槽だけです。水槽の大きさも違いますし、入っている魚の数も違います。が、魚の数が少ない方には発症しない。疑うのは「pH」の低下。pHの低下と冬になると感染しやすくなる完成症「α型溶血性レンサ球菌(溶連菌)」。人間もこの季節になると溶連菌に感染しやすくなりますが、抵抗力があれば発症しないようです。

pH低下に拍車を掛けるのが暖房(ストーブ)など、魚に発症させる条件が整う季節です。飼い主が発症しなくても水槽の中の魚達は院内感染のよう忽ち感染してしまうでしょう。

白点虫などの寄生虫類でしたら、毎日換水していれば寄生され無くなってゆきますが、感染症に一度感染してしまいますと治療という意味では余り効果がありません。水量より水質が重要となってくるようです。

酸欠防止に比重を下げていましたが、日に日に上げております。1.025前後で維持してpH低下しないよう管理してみます。私の考察が間違っていなければ日に日に治癒してゆくとおもいます。マルケサスバタフライの全滅だけは避けたい。




 2017_01_09


アイランドカウフィッシュを60センチ規格水槽に避難させたことで、コンゴウフグに白点虫が再寄生したのですが、毎日10リットルを換水しておりました。ハコフグの体質上白点虫に寄生されますと、他の種の魚より治癒が長引くのですが、今のところ悪化する事はないようです。まだ鰭には沢山寄生しているのが確認できますので、このまま今月いっぱい換水を繰り返したいと思っています。その後の事はその時点で又判断したいと思います。


DSC_0050.jpg

前回の記事で書いた時(一週間ほど前)の画像です。たくさんの白点虫が確認できます。

以下の画像は7月17日現在の様子です。鰭には沢山白点虫が確認できますが、胴体の甲羅には白点虫の成虫が現れなくなってきましたので、二次寄生は少ないようです。最初の寄生による後遺症で、見る角度によっては体表粘膜の荒れが白けて見えます。

DSC_0093_20160718002331337.jpg

DSC_0094_20160718002332cfb.jpg

DSC_0095.jpg

DSC_0096_2016071800241548f.jpg

DSC_0091.jpg

DSC_0099.jpg

アイランドカウフィッシュの肌荒れもだいぶ良くなってきました。両種とも又白点虫の寄生が悪化する事も考えられますので、十分栄養を取ってもらい体力を維持させてあげたいと思います。毎日の換水の他にアサリを毎日4個水槽に入れています。アサリを食べるとアサリの肉汁?が煙幕のように水槽内に舞うので、プロテインスキマーが泡泡になります。と言うことは白点虫の仔虫(遊走子)も少なからず濾し取ってくれているのかもしれません。(プロテインスキマーでは白点虫を駆虫できないという説もありますが)

で、思い出したのが、10年以上前に珊瑚水槽で、珊瑚と一緒に魚を飼うのが普及しつつあった頃の話しですが、当時は、珊瑚水槽で魚を飼育すると白点虫寄生症が自然治癒するという、飼い主の方々が多かったようです。珊瑚水槽で沢山の魚を飼育している今。どれだけの珊瑚水槽で白点虫寄生症が自然治癒しているのか知りたいところですが、最近はあまり自然治癒の話しを聞かなくなりました。自然治癒するしないの話しは魚の密度や水槽の大きさにも関係があるのでしょう。

慌てず確実に治癒させたいと思います。




 2016_07_18


60センチ水槽にアイランドカウフィッシュを避難させたことで、アイランドカウフィッシュに寄生していた白点虫の子孫がコンゴウフグに寄生しました。白点虫の生活史(水槽内で)は最初の魚へ寄生し成虫となり離脱してシスト(卵)となり、分裂して数百個体に増え、それを繰り返し数千個体と、その生活史を繰り返すほど白点虫の数は爆発的に増えてゆきます。また、魚によって感受性が異なるために寄生離脱に時差が生じる事もございます。最初に寄生された魚は比較的寄生数が少ないのですが、その魚から離れシストから覚醒した仔虫(遊走子)の数が数百数千となってゆくために新たに寄生される魚は、二次寄生三次寄生となり粉がふいた状態になる事が多いのです。私達が体表に現れた白点を見ているのは成虫であり寄生されてから日にちが経過しております。仔虫(遊走子)は数百倍の顕微鏡でないとその姿を見る事はできません。ですから、最初に寄生された魚が寄生され無くなったのに他の魚達が粉吹き状態になったというのは、時差の為。水槽の水中には数千もの仔虫が浮遊しているのですから、寄生率も高まります。逆に水中に居る仔虫の密度を減らして行くと白点虫の寄生も減ってゆきます。その、密度を減らす手段が飼い主によって異なるだけで、白点虫の仔虫(遊走子)を死滅(駆除)するという目的は同じです。私の場合は換水を繰り返して仔虫(遊走子)の密度を減らして行きます。換水の場合も効率良く駆除できる時間帯があるのでしょうけど、日常生活にも換水をやれる時間帯が限られていますので、今は午前中(出勤前)に換水をしております。60センチ水槽はカルキ抜きした飼育水を換水しておりましたので、また明日から塩素入りの水道水で海水の素を溶かして換水してみようと思います。

DSC_0044.jpg

DSC_0047.jpg

DSC_0048.jpg

アイランドカウフィッシュは白点虫の姿が減っていますが、二次三次寄生も予想されますので、気を抜けません。

DSC_0049.jpg

DSC_0050.jpg

何気に今晩コンゴウフグをまじまじと見ると白点虫が寄生しておりました。くどいようですが、薬剤は使用しません。寄生されなくなるまでひたすら換水を続けるだけです。毎日決まった量を換水するだけで理屈上は寄生され無くなるはずです。白点虫寄生症は養殖業では数千万円もの被害が出るくらい猛威を振るう寄生虫でもあります。高を括りたかが白点虫と侮って居てはいけません。白点虫寄生症は体力勝負でもあり、魚が体力を消耗する前の早期に駆虫するのが得策です。白点虫が水槽内に存在すれば何度も寄生されてしまいます。白点虫が居なければ寄生はされません。当たり前の事ですが、白点虫の性質を知らなければ魚が全滅する事もあるのです。

白点の粒が細かいからウーディニウムだと思う方々も居るようですが、ウーディニウム・オケラタムは体表に現れる粒が黄ばんでいて「きな粉(大豆の粉)」のようと例えられています。白点虫かどうか確かめる方法としてデジタルカメラのRAW画像でみると離脱前の成虫は、白色で楕円形をしていると白点虫(クリプトカリオン・イリタンス)でほぼ間違いないと思われます。

体力を付けさせる為にアサリも毎日給餌しておりますので、この記事はアサリに付いて書く予定でしたが、写真撮影する際にコンゴウフグに白点虫が付いているのを見てしまったので、内容を変更しました。




 2016_07_11



01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム